2006年03月15日

せーのっ、ゲルゲ!!

昨日新聞を見ていまして、まぁラジオ欄が入ってますよね。
もうラジオなんて何年も聞いてないなぁと思ってみてたんですが、
すっごい変わっちゃってるんすね。

わだちさんは中学から高3の途中くらいまでラジオっ子でした。
夜は大概ラジオ聞いてましたね。
部屋にテレビもない、ゲームもない、PCもない。
あるのはCDラジカセと漫画だけ。
中学生の小遣いじゃそんなにCDも買えるわけじゃない。

ラジオってのは貴重な娯楽だった気がします。



自分が一番ラジオを聴いてたのは中学3年間。
夜部屋で宿題やりながらずっと聴いてましたね。
大体22時から1時くらいまででしょうか。


当時その時間帯のラジオと言えば、
FMではTOKYO−FMの「赤坂康彦のミリオンナイツ」
AMではニッポン放送の「井手功二のゲルゲットショッキングセンター」

この2本ですよ、奥さん。
まぁ自分の中ではってところですけども。
それで1時からオールナイトニッポン1部
3時からオールナイトニッポン2部ですよ。

オールナイトニッポンのパーソナリティーもかなり変わりましたよねぇ。
自分が聞いてた頃はナインティナイン、ゆず、西川貴教、福山雅治とかだったんですが・・・
ゆずのオールナイトは好きだったなぁ。
親世代にしてみればこの人たちも変わったなぁって感じでしょうけど。



話を戻して。
「ミリオンナイツ」はまぁテレビでもちょこちょこ出てます赤坂康彦がDJだったんですけども、
まぁこれもバカな番組でしたねぇ。
とはいえ当時の自分はこの番組で洋楽を聴いてるって感じでした。
金曜だったかな?30分くらいB’zがコーナー持ってたんですよ。
あれはかなり新鮮でした。
普通に2人で話してるよおいってな感じで。

あと「ミリオンナイツ」は毎週何曜だかにバカな歌をかける、ってコーナーがありましてね、
これにはやられました。
「謎の女B」とか「ふんどしの歌」とかさっぱりわからない。
おもしろかったですねぇ。



「ゲルゲ」の方は中学入ってから最終回まで、まぁ3年ちょいですかね。
もうほんとに毎日聴いてました。
1時までだったんで最初は0時くらいで寝ちゃってたんですが、
途中からは最後までバリバリ聞いてましたね。
もうめちゃくちゃおもしろかった。
中学の頃はほんと「夜はゲルゲだっ!」って感じでした。

「ゲルゲ」は友人も聴いてて、そいつがハガキ送ったことがありまして。
まぁ俗に言うハガキ職人ですね。
その野郎まんまとコーナー採用されて1万円もらってました。

一個印象に残ってるコーナーに「ゲルゲビンゴ」ってのがありましてね。
毎日0時スタートだったんですけど、
そこで発表される10個の数字で、
市外局番の最初の0を除いた自宅の電話番号を消していくという。
見事全部消せたら速攻でゲルゲに電話。
先着何名かに商品プレゼントってもんです。
もう毎日夜電話の子機を部屋に持ってきてやってました。
それで朝起きて子機を戻すという。
結局当たりませんでしたけどね、参加してる感じで好きでした。



ゲルゲが終わった後、その時間にオールナイトニッポンが始まったんですけど、
やっぱり何か違和感ありましたね。

他にも今ニッポン放送で土曜に、
「福山雅治の魂のラジオ」っていうのをやってるんですけど、
これは自分が高校入ったくらいに始まったお悩み相談の番組です。
今じゃこれがスタンダードなんでしょうけど、
実はこの前があるんですよ、奥さん。

この前にやっていたお悩み相談番組。
「叫ぶ詩人の会ドリアン助川の正義のラジオジャンベルジャン」
長い。
でもこれが俺ら世代のスタンダードだったんですよ。
知ってる人がいることを祈るばかりですが。



あー長く書いたね、こんなになるとは思わなかった。
やっぱ俺はラジオっ子だったんだな。

ちなみにラジオを聴かなくなった理由は高3の終わりくらいにコンポを買ったから。
アンテナ付けたり調節したりが上手くいかなくて良く聞こえなくなっちゃったことと、
魅力的な番組がなくなったことです。


もしまた「ゲルゲ」が聴けるなら、
俺はいつでもラジオを引っ張り出します。
わだちでした。
posted by わだち at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。