2006年05月16日

06年の23人

発表になりました、ドイツW杯日本代表。






にしてもまぁジーコらしい、
かつおもしろみのない選出だったなぁ。


ちなみに俺は最後の最後まで藤田俊哉の選出を祈ってました。
中盤からの飛び出しプラス精神的支柱っていう最後のピースだと信じてたんですけどね。


巻の選出、
というか久保の落選がビックリはしたけども前回ほどのサプライズはなく。
クラブでの今の実績を考えたら巻は代表FWの中で一番なわけだし。

ジーコさんは案の定鹿島びいきが残ってたようでその辺も何とも・・・
まぁポジション別にいってみましょうか。





GK:川口、楢崎、土肥
無難。
まぁここはしかたないところかなと。
この3人に異論はないけども、
川口、楢崎が抜けていてその下に土肥っていう位置づけは不満。
3人大差ないと思ってます。



DF:田中、宮本、中澤、坪井、駒野、アレックス、加地、中田浩
こうきましたか。
駒野と中田浩の2人共選出に不満。
村井が怪我してなかったらどうなってたかっていうのはありますけども、
何とも言えないところ。
センターバックを4人ってのは当然として、
駒野、中田浩と2人ユーティリティを入れるなら、
どちらかの代わりにサイドを入れるべきだったんじゃないかなと。
それが村井だったのかもしれませんけどねぇ・・・



MF:中田英、中村、小野、小笠原、福西、遠藤、稲本
稲本の選出に不満。
2002年以降クラブか代表で何か結果を残してますか?
自分にはそうは思えません。
オフェンシブの4人とボランチに福西、ユーティリティに遠藤は順当かなと。
ただここでまた遠藤を入れるならほんとになんでDFに駒野と中田浩2人登録したのかが不可解です。
中田浩を入れるなら稲本の代わりに絶対的な武器を一個持った選手、
今までの例で言うと森島、藤田、平野みたいな攻撃的武器、
服部、中西のような守備的武器を持った選手を入れてよかったんじゃないかと思います。



FW:高原、柳沢、玉田、大黒、巻
久保を外したのに柳沢は選ぶこの矛盾。
本当に意味がわからない。
ジーコ体制で一番の実績を持つ選手を外してまで柳沢を取るか?
世間的には久保と巻の天秤みたいに言ってますけど、
自分としては怪我持ちとして柳沢と久保の天秤です。
実績を考えれば確実に久保。
高さがあって足も使えて大物食いのゴールもある。
納得がいきません。







こんな感じですがまぁいくら言っても決まったものはしょうがない。
所詮素人考えなわけだしね。
もちろん精一杯応援しますよ!
そこは絶対です。



最後に個人的日本代表。
GK:川口、楢崎、土肥
DF:中澤、田中、坪井、松田(上がらない条件で)、村井、阿部、加地、中田浩
MF:中田英、中村、小野、藤田、小笠原、福西、遠藤
FW:久保、高原、鈴木、巻

こんな感じでいってみましょうか。
4−2−3−1ないし3−5−2を想定してます。
ちなみに22人です。あと1人浮かばなかった。
中盤にドリブラーか前線にテクニシャンを入れたいところ。
FW松井って最初書いたんですけど迷いがかなりあったんでやめときました。




さぁ今度は宣言どおりW杯の最終予想だ。
わだちでした。
posted by わだち at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17868724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。