2005年10月16日

サックスブルー、終戦。

痛み分け、完全な痛み分けでした。
今日のナショナルダービーの話ですけどね。

1−1の引き分けで試合自体は見ていておもしろかったです。
両チームともに決定機を逃してはいたんですが、
ゴール前のディフェンスの集中力や中盤のせめぎ合いは見事でした。
以前ほどの迫力はないまでもさすがはナショナルダービー。



だからこそ引き分けは痛い。
鹿島が勝ち点を伸ばさなかったのはいい、
鹿島が優勝よりはガンバが優勝した方が全然いいから。
セレッソならなお良し。

でもジュビロはこれで完全に脱落。
もう無理ですね。
今年は厳しいとはずっと思ってましたがこれで完全に終戦です。
俺ぁ山本監督はほんとにだめだと思うんだがなぁ・・・
やりたいことが本当にわからん。
ジュビロの魅力を否定する戦い方をしてる気がする。

今日の試合も「とりあえずボールを回す」だけの悪い癖が発症。
藤田がいなくなったことで中盤から前に飛び出す動きが減って、
縦に入るパスもさらに減った気がするし。
もっとゴールを狙ってこうよ。



まだ天皇杯が残ってる、終わりよければ全て良しだ。
来年につながる戦いを期待。
わだちでした。
posted by わだち at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。