2005年11月19日

気が早いW杯予想

昨日はちょっと時間がなくて書けませんでして。
今日ちゃんと書きますねー。


さてさてW杯の出場国も無事に全部決定いたしました。
オーストラリアに加えてスペイン、チェコ、スイス、トリニダードトバゴ。
大陸間プレーオフは別として、
欧州に関しては順当に決まったって感じでしょうか。

何にしてもこれであとは本番を待つのみ。
楽しみですねぇ。
でも前回は日韓だったのでテレビ中継は全く問題なかったけど、
今回はドイツだからなぁ・・・
しかももう自分が就職して働き出してるわけだし。
夜中の中継はきついですねー。


まぁそこのやりくりも含めて楽しみですけども。
さぁじゃあさっそくですが色々長々と語ろうじゃないですか。



まずはですね、プレーオフを勝ち抜いた国を簡単に。

スペインは得点力不足がちょっと解消されてきたのかなって感じですね。
F・トーレスが台頭してきてラウルとも息が合ってきたようで。
個人的にはモリエンテスに食い込んでほしいんだけどなぁ。
あ、メンディエタも好きだったなぁ。

チェコはオランダがいたから仕方ないとはいえ、
それなりにタレントがいるにしては苦しんでるなぁと。
プレーオフもネドヴェドがいなかったら実際どうなってたのか。
もし本大会にネドヴェドが出てこないとしたら厳しいかも。
バロシュが前にいるんでポドルスキとかロシツキーがどれくらい作れるかですね。

スイスとオーストラリアとトリダードトバゴについては正直わからん!!
本大会までに勉強します。



続きましてわだちさんが応援する国やら選手やらを。
まずは何はなくともオランダ
好きです。昔から好きです。大好きです。
予選は圧倒的な強さできましたからね、期待してますよー。
うん、そろそろお前ら優勝していいって。マジで。

前にはファン・ニステルローイにロッベンにマカーイにファン・ペルシー。
いいよねぇ、そろってるよねぇ。
中盤はファン・ボメルとファン・デル・ファールトに期待してます。
でもファン・ボメル怪我しちゃったからなぁ・・・
この時期でまだよかったよ。
あとダービッツも復帰したしね。
試合終盤で出てこられるのは効くぜー。

ただちょっと残念なのはクライファートはもう見れないのかなぁって。
もっかいW杯で見てみたい。
わがままだよ、確かにわがままだけどさぁ。
やっぱすごかったもん。
まだちょっとだけ期待してますよ。



もう1カ国、ずばりスウェーデン。
ここはもう何と言っても前の3人が溜まりません。
イブラヒモビッチ、リュングベリ、ラーション。
この前3人はオランダの前線タレントより好きだしすごいと思う。
アレクサンデションもまだ頑張ってるし。

今大会はどうしてもイブラヒモビッチにばっかり注目がいきそうですが、
本当の意味で見るべきはラーションだと思います。
とりあえずもう次のW杯は見れないだろうし。
ラーションのヘディングは綺麗ですよー、
自分のイメージですが強いより綺麗が似合う。

3人揃った攻撃はほんと魅力的ですから。
組み合わせ次第になってしまいますがいいとこまでいってほしいですね。



それと国をというよりは個人的に応援したい選手達。

メキシコよりボルヘッティ。
かっこよすぎます。あのヘディングは本当に痺れる。
ラーションとは対照的にほんとに強いヘディング。
エルナンデス、ブランコに続くのはあんたしかいない。
チームとして上位進出は厳しいだろうけどめっちゃ応援します。

イタリアよりフィリッポ・インザーギ。
って代表にも入ってないけどさ。
怪我を乗り越えて今季595日ぶりにゴール。
本っ当に嬉しかった、震えました。
ごっつぁんゴールが多いとか言われたりしますけど、
そこに飛び込む感覚が本当にすごい。
イタリアにはスキラッチといいペナルティエリアで仕事できるFWが絶対必要。
代表復帰できる、W杯出れる、信じてます。




さぁそれじゃ予想といきましょうか。
優勝候補、んーやっぱりこうなっちゃうのかぁって自分でも嫌なんですけど、
本命は間違いなくブラジルだと思います。
あの攻撃陣はおかしい。
FWの破壊力、MFの想像力どっちも世界一でしょう。
ロナウジーニョとカカーが並んでるとか卑怯だもん。
個人的にはカフーが4回目のW杯決勝に立つところを見てみたい気はある。

優勝候補の対抗にはですね、
オランダと意外に思われるかもしれませんがイングランド
オランダは前述したとおりですが、
イングランドはランパードとジェラードが所属チームで絶対的なリーダーになったのがでかい。
ランパードはチェルシーでキャプテンとしてプレミア制覇
ジェラードはリバプールでキャプテンとしてチャンピオンズリーグ制覇
ベッカム以外の選手がこれだけの経験を積んだことで大崩れはなくなるはず。
ルーニーとオーウェンがちゃんと仕事できればありえると思って対抗とします。

あと要注意としてアルゼンチンポルトガルドイツです。
正直今回のW杯ではフランススペインイタリアは厳しいと思います。
まぁ今の段階での話ですけどね。

台風の目になりうるのはウクライナコートジボワールですかね。
正直列強と比べた時にチーム力は見劣りしますが、
シェフチェンコドログバはこれでもかって世界トップクラス。
引っ掻き回してほしいです。



長いけど最後は簡単に得点王予想。
本命はブラジルのアドリアーノ。
対抗にオランダのファン・ニステルローイとブラジルのロナウド。
要注意にスウェーデンのイブラヒモビッチとフランスのアンリ。

これは理由は簡単ですよ。
世界トップクラスのストライカーから決定力が高い選手を選んで、
そこから試合数が多くなるだろう選手ほど上に予想しました。
シェフチェンコに取らせたい気はあるんですけどねー・・・




とりあえずこんなところでしょうか?
また色んな情報が入ってきたらその都度色々書きますね。
本番前には最後の予想も。

あと200日ちょっと。
わだちでした。
posted by わだち at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。