2005年11月25日

残るドーハ組は2人

今日は彼女さんと遊んでたんですが、
「おいでよどうぶつの森」を買ってきました。
まだやれてないんですけどね。
先にやった彼女さんがすごい楽しそうに話してたので早くやりたいなぁ。


Jリーグの優勝争いがかなりおもしろいことになってきてたり、
チャンピオンズリーグもあったり、
バイトの話もあったり、
色々書きたいことはあるんですけども、
ちょっと腰を据えてじっくり書ける時間がありませんで申し訳ないです。

上手いこと時間を見つけてちょこちょこ書くようにしますんでよろしくお願いしますね。



とりあえず今日は、Jリーグから寂しくなる記事を1つ。



エスパルス沢登選手が引退を表明しました。


Jリーグ歴代最多出場選手、何事もなければ最終的には382試合になりそうです。
さらにJリーグ開幕から13年連続得点
これは沢登とカズだけが持ってる記録ですね。


決して体格のいい選手でもスピードがある選手でもありませんでしたが、
ゲームコントロールと得点能力は抜群。
近年も出場すれば試合を落ち着かせてチャンスを作り出していました。

MFでは歴代得点3位ですかね?
ちょっと確認してないんで定かではないんですが、
藤田、森島、沢登の3人がMFでは抜けているはずです。
50得点50アシストの記録も持ってる選手ですねー。

代表での飛びぬけた活躍というものはなかったですが、本当に偉大な選手。
藤田もそうですが、日本サッカー史ではなく、
Jリーグ史を語るときに真っ先に語られていい選手だと自分は思ってます。



自分の中で今までのJリーグ全ゴールの中でベスト1があるんですけれど、
それは間違いなく99年チャンピオンシップ第2戦、沢登のFKです。
全身鳥肌立ちました。

99年のチャンピオンシップは静岡ダービー。
第1戦をジュビロが延長Vゴール2−1で先勝し、
第2戦もジュビロが1点先制。
さらにエスパルスは99年のMVPを受賞することになるアレックスが報復行為で退場。

このままがジュビロが行くのか、と思っていた時。
後半だったかなぁ?
ゴール右斜め前から若干距離を残してエスパルスがFKをゲット。
エスパルスサポーターが意気消沈しつつある中でキッカーは沢登。


ジュビロサポーターがグゥの音も出ないほど完璧なFK


味方FW、相手DF、GK誰にも触ることなくサイドネットに突き刺さりました。
先勝され、先制され、1人少ない状況であれほど完璧なFKを決める技術精神力
強烈過ぎるインパクトでした。
本当に一生忘れないと思うゴールです。
岡野のごっつぁんゴールなんて目じゃないね。





これで残るドーハ組はゴンとカズの2人のみ。
気付けばもうあと2人なんですか・・・

沢登は引退後は指導者としてまた戻って来たいということらしいですが、
非常に真面目な選手ですし、何よりエスパルスが手放さないでしょう。
引退試合ちゃんと計画するだろうな、しなかったら怒るぞ。

Jリーグが生んだ最初の鉄人。
あと2試合残っていますが、本当にお疲れ様でした。
posted by わだち at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。